平皿・プレート > 平皿 (小鹿田焼)
小鹿田焼 > 平皿 (小鹿田焼)
陶器 > 平皿 (小鹿田焼)

平皿 (小鹿田焼)

黒縁・飛び鉋:各2,000円(税抜)〜


  • 「飛び鉋 7寸皿」にオムライス。主食にちょうどいい大きさです

  • 「7寸皿」に料理を盛って、「4寸皿」を取り分け皿に。どちらも「黒縁」を使用

  • 「飛び鉋 6寸皿」にからあげ。おつまみや主菜に

  • 「黒縁 5寸皿」に果物。縁がきりっと引き締めてくれるので、スイーツなどとも好相性

  • 「飛び鉋」、「黒縁」ともに各4サイズ。「4寸」から「7寸」まであります

  • やわらかい印象の「飛び鉋」(右)と、錆釉が全体を引き締める「黒縁」(左)

  • 一子相伝で受け継がれてきた「小鹿田焼」。古い伝統がありながらも、現代の食卓に新鮮に馴染みます

 

およそ300年ほど昔から、大分県の山間地で綿々と受け継がれてきた窯業。
地元の土を採取し、丁寧に砕き、粘土にしたあと、
一子相伝で受け継がれてきた技は、ろくろの上で躍動します。
その後、登り窯で60時間の焼成を経て、「小鹿田焼」の器は私達の手元に届くのです。

民藝運動の提唱者、柳宗悦によって日本全国にその名を知られることとなった小鹿田焼。
しっかりとつくられた高台に手をかけて、お皿の表面を覗き込むと、
その代表的な模様「飛び鉋(かんな)」が。
その名の通り、鉋で釉薬の表面を削る技法が、
やわらかい色味の釉薬に、アクセントを添えてくれます。
いわゆる「民藝の器」の代表格でもありますが、
生成りのような優しい白の中に、リズミカルに現れる黒土の表情は
どこか北欧のあたたかみある器を連想させます。

取り分け皿として何枚か揃えたいのは、「4寸皿」と「5寸皿」。
煮物や天ぷらなどの他に、色鮮やかなサラダも引き立てます。
また、果物やスイーツなどをのせて、お客様へお出ししてもきっと素敵でしょう。
「6寸皿」なら毎朝のトーストやクロワッサン、夕食の焼き魚やからあげ、
ハンバークなどのおかずにちょうどいい大きさ。
「7寸皿」ならば焼きそばやパスタ、オムライスなどの主食もしっかりおさまります。
和食だけではなく、洋食もすんなり収まる懐の深さが魅力です。

やわらかい印象の「飛び鉋」と、錆釉が全体を引き締める「黒縁」。
お好みでお選びください。

きっと百年ほど前までは、近隣の人達のためにつくられていた焼き物を
こうして日本のどこにいても触れられるようになったのは、うれしいことです。

 

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 「飛び鉋」(左)、「黒縁」(右)とも4サイズの展開です。どちらを選ぶかが迷いどころ

  • 「4寸皿」〜「7寸皿」を真横から見たところ。大きくなるにつれ深さも出てきます

  • 裏側は「黒縁」も「飛び鉋」も高台の外側のみ釉薬がかけられています

  • 「6寸皿」、「7寸皿」のみ高台の内側に「小鹿田」の陶印が。「4寸皿」、「5寸皿」にはありません

  • 鉋(かんな)の深さと釉薬のかかり具合で模様の現れ方が異なります

  • はっきりと模様が出ているところ、出ていないところがあります

  • 器を重ねて焼成するため、一番上に置かれたもの以外には、上の器の高台の跡が皿残ります

  • 上に重ねられた器の高台の跡が薄っすらと白く残っています

  • 一番上に置かれて焼かれたもの。高台跡がついていません

  • 材質
  • 陶器
  • サイズ
  • 4寸皿:約φ125×H20mm
    5寸皿:約φ150×H20mm
    6寸皿:約φ180×H30mm
    7寸皿:約φ215×H30mm
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
小鹿田焼(おんたやき)について
 

江戸時代中期に筑前の国(今の福岡県朝倉郡)の小石原焼の陶工から技術の伝達を受け開窯された李朝系の焼き物です。
昭和6年に民藝運動の指導者、柳宗悦が訪れ、その名を日本中に知らしめました。今では海外にも愛好者は広がっています。
飛び鉋(かんな)、刷毛目、櫛描き、打ち掛け、流しなどの代表的な技法と伝統は、10件の窯元が一子相伝により、300年以上にもわたって守り続けています。
平成7年に国の重要無形文化財に指定されています。

 

※こちらの商品は、2020年7月19日入荷分より原価の高騰などのため価格を改定致しました。

  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    種類

    選択
    黒縁 4寸皿/2,000円
    黒縁 5寸皿/2,500円
    黒縁 6寸皿/3,500円
    黒縁 7寸皿/4,200円
    飛び鉋 4寸皿/2,000円
    飛び鉋 5寸皿/2,500円
    飛び鉋 6寸皿/3,500円×売り切れ再入荷
    飛び鉋 7寸皿/4,200円
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • ポイント: 44ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 小鹿田焼は登り窯で焼成されます。火のあたり具合などにより、その仕上がりは一つ一つ異なります

  • 化粧土や釉薬には、にじみ、ムラ、濃淡、凹凸などが見られます

  • 「飛び鉋(とびかんな)」という技法によって、表面の模様が施されています。同じ模様は一つとしてありません。 また、鉋の跡が均等でなかったり、薄かったり、重なっていたりする部分も見られます。手仕事ゆえの味わいとしてお楽しみください

  • 「飛び鉋(とびかんな)」という技法によって、表面の模様が施されています。同じ模様は一つとしてありません。 また、鉋の跡が均等でなかったり、薄かったり、重なっていたりする部分も見られます。手仕事ゆえの味わいとしてお楽しみください

  • 「飛び鉋(とびかんな)」という技法によって、表面の模様が施されています。同じ模様は一つとしてありません。 また、鉋の跡が均等でなかったり、薄かったり、重なっていたりする部分も見られます。手仕事ゆえの味わいとしてお楽しみください

  • 釉薬がかかっていないところがあったり、色飛びが見られます

  • 釉薬がかかっていないところがあったり、色飛びが見られます

  • 釉薬がかかっていないところがあったり、色飛びが見られます

  • 大きさや深さには個体差があります。また歪みが見られる場合もあります

  • その他のご注意
    >> 登り窯の中では、器は重ねて焼かれるため、一番上のもの以外は、どれも器の表面に、上にのった器の高台の跡が丸く残ります。お選びいただくことはできませんので、ご了承ください。
    >> 貫入(かんにゅう・表面の釉薬に入るひび)が見られます。
    >> 底部分に、がたつきが見られることがあります。
    >> 取扱説明書やブランド紹介などは同梱されておりません。予めご了承ください。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。
ご利用ガイド