ニジノハ


東京都青梅市にガラス工房兼ショップ、ニジノハを構えるのが平岩愛子さん。
武蔵野美術短期大学で油絵を学んでいたときに「琉球ガラス」の美しさに出会い、
ガラスづくりの魅力を忘れることができず、卒業後は沖縄の奥原硝子製造所に修行に入ります。
ぽってりとした表情、ほんのり緑色の、ガラスなのに人の手の暖かさも伝わる質感。
平岩さんは、独立後もそんな再生ガラスのよさを表現しつつ、
独自の視点で使い勝手を追求し、
日々の食卓を楽しく彩るガラスをつくり続けています。
「ヒッチー」「てぃーち」など、
平岩さんのつくるものには沖縄の言葉が編み込まれていることが多いです。
情熱で飛び込んだ若き平岩さんを暖かく受け止め、
ガラス職人として育ててくれた彼の地へのラブコールであり、
原点を思い出させてくれるもの……なんて解釈したら、大げさでしょうか。

ご利用ガイド