木村石鹸

木村石鹸ロゴ

大阪に拠点を置く木村石鹸の創業は、大正13年(1924年)。
創業以来変わらず、昔ながらの「釜炊き製法」による石鹸の製造を続けています。
石鹸の原料である油とアリカリ剤を入れた釜を
職人が人力でかき混ぜながら炊き上げる釜炊き製法は、
機械で管理するオートメーションとは違い、職人の経験と勘が頼り。
1回で生産できる量にも限度がありますが、小回りが利くからこそ細かな調整も可能で、
その後さまざまな製品の元となる純石鹸を納得のいくかたちでつくることができるのです。

そして、高い品質の純石鹸づくりにこだわる一方で、木村石鹸が大切にしているのが、
生活者や環境にしっかりと配慮した「バランスの取れた安心・安全」。
やみくもに純石鹸だからいい、界面活性剤は悪い、とは考えず、
洗浄力や使用量などのバランスを考え、合成界面活性剤を利用したほうが
「安心・安全」である場合は、使用することも。
しっかりとした科学的根拠に基づいた「安心・安全」を追及しています。

洗濯石鹸、粉石鹸などの製造・販売から始まり、
自社の核となる純石鹸を活用したさまざまなアイテムを生み出してきました。
戦後は銭湯の需要が増えるなか、銭湯の浴槽や床を掃除する洗剤を展開。
クリーニング業界や病院など、主に業務用の洗剤の製造販売を行います。
その後はバス・トイレ・キッチンなど、家庭で使う洗浄剤も開発するように。
環境への影響や使い勝手などに独自の厳しい基準を設ける

親孝行月間や、毎週の地域での清掃活動、残業はゼロに近い状態を目指す、など
社員の暮らしに配慮する独自の取り組みが注目されている木村石鹸。
それはそのまま、使う人の安心・安全に配慮した「石鹸」づくりの姿勢にも繋がります。
使い心地のよさはもちろんあった上で、ずっと応援したくなるメーカーです。

ご利用ガイド