スノアンドモリソン

スノアンドモリソンロゴ

「ガラ紡」と呼ばれる糸を中心にものづくりをしている「スノアンドモリソン」。
つくり手の齋藤由清乃さんが福岡を拠点に立ち上げました。

ガラ紡とは、明治時代に日本で考案された
日本製紡績機「ガラ紡機」で紡がれた糸のことで、
紡ぐスピードが非常に遅いため、現在は量産型の紡績機に押されて衰退しています。
しかし、ゆっくり紡がれるからこそ、空気をよく含み軽くてやわらか。
まるで手紡ぎのようにムラのある、素朴な糸を紡ぐことができるところに、齋藤さんは魅力を感じているそうです。

スノアンドモリソンで使用しているのは、オーガニックコットンの落ち綿を使用したガラ紡。
落ち綿とは、現代の紡績機では糸になりきれず無駄になってしまった短い繊維のことです。
通常の綿を原料とするガラ紡よりさらにやわらかく、肌当たりのやさしい生地に仕上がっています。

普段の生活の中に自然と溶け込むような、そばにあって気持ちのいいもの。
大量につくることができない、人の手を感じられるもの。
そしてつくられる背景にも魅力があるもの。
そんなものづくりを目指して活動しています。

ご利用ガイド