吉田織物

江戸時代から「繊維産業」が栄えた吉田町(現:燕市)では、
天保年間から綿糸を使った白木綿がつくられていました。
その地で昭和11年に大規模な綿織物製造工場を設立し、
主に海軍用として、衛生材料の「ガーゼ」の生産を開始したのが、吉田織物。
終戦後も、衛生材料製造の経験と、業務用厨房用品の集散地、燕市に立地していることから、
食品の安全と衛生を第一に、業務用厨房関係の繊維製品を取り扱っています。

ご利用ガイド