ろくろ舎

ろくろ舎ロゴ

約1500年の歴史を持つとされる越前漆器の丸物木地師である
酒井義夫さんが福井県鯖江市にて2014年に立ち上げたのが「ろくろ舎」。
轆轤(ろくろ)や鉋(かんな)といった道具を用いて漆器のベースとなる
木地(きじ)を仕上げるのが木地師ですが、漆をまとう前の木目の
美しさを熟知し、惚れ込んでいるのもまた木地師でしょう。
伝統的な丸物木地師としての技術を継承しながら、木材を中心に
素材・製法にこだわることなく、「価値の再定義」をコンセプトとした
プロダクトづくりをしています。

ご利用ガイド