実店舗・オンラインショップともに、お盆期間中も休まず営業しています。


お弁当 > 【再入荷未定】つくし弁当箱 (柴田慶信商店)
柴田慶信商店 > 【再入荷未定】つくし弁当箱 (柴田慶信商店)

つくし弁当箱  (柴田慶信商店)

12,000円(税抜)


 

天然秋田杉を無塗装で白木のまま仕上げた「つくし弁当箱」。
杉の芳香や吸湿性、殺菌効果により、お弁当を一日中おいしく保ちます。
秋田の伝統工芸・大館曲げわっぱの製品。お手入れをきちんとすれば、長くお使いいただけます。

子どもの頃から大人になるまで
ともに育っていく弁当箱

「つくし弁当箱」。このかわいい名前のお弁当箱は、
そもそも、柴田慶信商店の二代目・柴田昌正さんの愛娘、
つくしちゃんのためにつくられたものだそうです。
小さなつくしちゃんは、
今はまだそんなにたくさん食べることはないけれど、
子どもの成長は早いもの。
大きくなったからといって、
せっかくつくったお弁当箱が
使えなくなってしまうのはもったいない……。
そこで、上段だけで使うこともでき、
上下段を一緒に使うこともできる
このお弁当箱が完成したのです。
しかも、つくしちゃんが大きくなって、
2段で使うようになったときのことも
よく考えられています。
お弁当を食べ終わったあと、上段を逆さにして、
下段の中におさめれば、1段分の大きさになるのです。
これでかばんの中もすっきり。
そして、このお弁当箱は、
職人さんがひとつひとつ手仕事で仕上げる
秋田の伝統工芸、大館曲げわっぱのもの。
きちんと手入れをして使えば、
小学生の頃から社会人になるまで、
長い年月、使い続けることのできる良品です。
いつか、きっと、子どもたちは、
このつくし弁当箱にたっぷり詰まった、
栄養と愛情に気付くはず。

小判弁当箱(柴田慶信商店)サブPH1

小判弁当箱(柴田慶信商店)サブPH2

上段を逆さにすれば、下段にすっぽりと収まります。子どもの頃から大人になるまで、長く使えるお弁当箱です。

 

暮らしの道具、徹底比較お弁当箱編
柴田慶信商店について
 

柴田慶信商店ロゴ 柴田慶信商店ロゴ

東北を代表する伝統工芸品のひとつ、秋田の大館曲げわっぱ。柴田慶信商店は、樹齢200年以上の天然の秋田杉を用いた、伝統ある曲げものの制作を行う工房です。美しい製品は世界中で数々の賞を受賞し、柴田慶信氏は皇太子殿下の前で実演を行ったこともあるほど。一方で、その技術を生かしつつ、若手デザイナーとのコラボレーションなど、現在の生活に馴染む、新たな製品つくりにも挑戦し続けています。

 
バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像と詳細画像をご覧いただけます。

 
  • 材質
  • 本体:秋田杉 綴じ部分:山桜
  • サイズ
  • 上段:約W130×D90×H40mm、下段:約W143×D95×H48mm、
    ふた:約W140×D95×H13mm、重ねたときの高さ:約H100mm
  • 容量
  • 上段:約300ml、下段:約450ml
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
    仕切り1枚付き

※こちらの商品は、入荷が不定期のため、再入荷お知らせメールの登録を承っておりません。

  • 販売価格: 12,000 円(税抜)
    (税込12,960 円)
  • ポイント: 259ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • 売り切れ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • >> 天然の木材を使用しているため、ひとつひとつ木肌の風合いが異なります。木の節があったり、色が均一でない場合もあります。
    >> 手仕事でつくられているため、凹凸や、サイズ、かたちに多少の違いがあります。また、底やふた部分に、わずかながたつきが見られることがあります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上の注意】
    ・重曹、漂白剤、中性洗剤のご使用はお避けください。
    ・ご使用前には内側の表面をさっと水で濡らし、乾いた布巾で軽く拭いてから、ご飯等を移してご使用ください。汚れや匂いの浸透や、ごはん等のこびり付きを防ぐ効果があります。
    ・白木製品は水分を含むと膨らみ、乾燥すると縮む特性があります。
    ・洗った後、白木を完全に乾かすのには一日以上が必要です。乾ききらないうちに連日でのご使用は黒ずみを招く原因になります。毎日お使いになる場合には、2つを交互に使うと長持ちします。
    ・白木製品はその特性から、ご使用環境、条件により、黒ずみが生じる場合があります。こちらはごく自然な経過になりますので、その変化をお楽しみください。

    【つくし弁当箱の洗い方】
    1、使用後はお湯、または水を注ぎ、汚れを浮かせてください。その後、軽くタワシで洗い落とします。
    2、研磨剤が入ったクレンザー(磨き粉)で白木の表面を磨くように、新しい木肌を出す気持ちで、タワシを用いて洗ってください。
    3、洗った後は十分にすすぎます。乾燥を促すために、お湯ですすぐことも有効です。すすいだ後は水分がよく切れるように乾かします。完全に乾かしてからお使いください。
     
ご利用ガイド