システムメンテナンスと配送休業のお知らせ

パスタメジャー (アンバイ/ambai)


  • パスタメジャー (アンバイ/ambai)

    天然木でつくられたオブジェのような佇まいのパスタメジャー。これ一つで100gと300gを計量でき、鍋に入れるまでのパスタの置き場に悩むこともありません。「桜」を使用

  • パスタメジャー (ambai)

    パスタを計ってみたところ。左から100g、300g。パスタを天面からはみ出さないようにすると正確に計れます。「栗」を使用

  • パスタメジャー (ambai)

    小さな凹みを上にすれば100g(1人分)、大きい凹みを上にすれば300g(3人分)のパスタを計ることができます

  • パスタメジャー (ambai)

    左から「桜」、「栗」の2種類の素材から選べます

  • パスタメジャー (ambai)

    コンパクトなサイズ感で、キッチンでも場所を取りません。写真は「栗」

いざパスタをつくるとき、勘に頼った量を茹でると、
思いのほか多すぎたり、少なくて足りなかったりということありませんか?
かといって、パスタの量をはかるために毎回スケールを出すのは面倒……。

そんなとき、さっと取り出せるのが
プロダクトデザイナーの小泉誠さんデザイン「アンバイ/ambai」の「パスタメジャー」です。

一見すると、木のオブジェのようにも、立体パズルのピースのようにも見えます。

側面を見て「100」と読めるように置くと1人分の100g、
ひっくり返して裏側で3人分の300gの乾麺を計ることができます。

計った後はそのまま、乾麺置き場に早変わり。
お湯が沸くまでの間の置き場所に迷うことがなくなります。

素材は、水に強い「桜」と「栗」の2種類で、
どちらも木目の美しさをそのまま楽しめるオイル仕上げ。
天然木ならではの佇まいが、キッチン周りの道具や
景色にさりげなく溶け込んで、温かみを加えてくれます。

パスタメジャーとして使わないときは、スマホスタンドとして。
レシピを確認したり、お気に入りの音楽を楽しんだり。
いつの間にかキッチンからリビングルームにも一緒に移動していそう。

シンプルなのに何役もこなしてくれて、
いつも傍らに置いておきたくなるような、愛着湧く道具です。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • パスタメジャー (ambai)

    左から表面と裏面。表面では100g、裏面では300gのパスタなどの乾麺を計ることができます。写真は「山桜」

  • パスタメジャー (ambai)

    裏面部分には、ロゴマークの焼き印があります

  • パスタメジャー (ambai)

    天然木のため、色や木目に個体差があります。自然素材ならではの表情の豊かさが魅力です。一期一会をお楽しみください。写真は「桜」

  • 材質
  • 桜:桜(オイル仕上げ)
    栗:栗(オイル仕上げ)
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • 約W75×D75×H40mm
  • 重量
  • 約70~80g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
アンバイ/ambaiについて

ambaiロゴ

デザイナー小泉誠氏がプロデュースする、使い手にとっていい塩梅(アンバイ/ambai)を目指す暮らしの道具ブランド。地域の特色や技を活かし、日本でのものづくりにこだわってできあがった道具たちは、機能・素材・形状どれをとってもいい塩梅なのです。

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • パスタメジャー (ambai)

    ささくれや凹み、削りが粗い箇所が見られる場合があります

  • パスタメジャー (ambai)

    天然木のため、一部分色が異なる場合などがあります

  • パスタメジャー (ambai)

    天然木のため、色や木目に個体差があります

  • その他のご注意
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> タグの取扱説明書をよく読んでからお使いください。
    >> 洗った後は、全体を清潔な乾いた布きんなどでしっかりと拭いてください。
    >> 水切りかごなどに浮かせる状態にして、よく乾かしてください。
    >> 保管場所は風通しがよく、直射日光が当たらない場所にしてください。

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける

カートに追加されました

カートを見る

お買い物を続ける