「文化鍋」ご購入で「落とし蓋」をプレゼント!

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)
  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)
    スープボウル 3,300円
  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)
    ボウル 5,060円

カートに追加されました

カートを見る

  • 配送について

    • 税込1万円以上のご注文で送料無料
    • 10時までのご注文で通常即日発送
      ※受注生産商品除く
  • ギフトラッピングについて

    この商品はラッピング可能です

    チケットを購入

    ギフトラッピングは有料で承ります。ラッピングチケットをご購入ください。

商品について問い合わせる

スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)


  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    口が広く、すくいやすいかたちをしています。同シリーズの「プレート M」をソーサーとして合わせれば、より上品な印象に

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    「ボウル」は、やや小さめですがご飯ものはもちろん、麺類もしっかり受け止めてくれます

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    やわらかい青磁の色が食材の色をきれいに見せてくれます。「スープボウル」を使用

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    規則的に連なる美しい鎬の模様が特徴的。模様だけでなく凹部分に釉薬が厚く溜まることで、釉薬の濃淡も美しいのです

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    左から「スープボウル」、「ボウル」の2種類。「スープボウル」にはシリアルやサラダを、「ボウル」は丼ものや麺類などにおすすめです

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    同シリーズにはほかにも、「プレート」や「カップ」、「飯碗」があります

小気味いいリズムで刻まれる「鎬(しのぎ)」模様の凹凸。
たっぷりとかかった青磁釉。
ぽってりと丸く突き出た側面から、
縁にかけて一度きゅっと引き締まったシルエットが特徴の
「オウジヤマ/OJIYAMA」の「スープボウル」と「ボウル」です。

コーンポタージュやコンソメスープ、夏にはヴィシソワーズ、も似合うオールマイティな「スープボウル」。
朝食のシリアルボウルとしてもぴったり。
内側のきゅっと引き締まった部分にスプーンがかかるので、
中身をすくいやすいデザインです。

「スープボウル」より大きい「ボウル」は、
一人でたっぷりサラダを食べたいときや、
丼ものや麺類にも使えます。
うどんやにゅうめんなど、クリアなスープと白い麺が、青磁の背景によく映えます。

やさしい青磁色は和食、洋食にこだわらず、
色あざやかな食材から、落ち着いた色の煮込み料理まで引き立てる懐の深さがあります。

使うごとに、新鮮な発見をくれるボウル2種です。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    上から見たところ。左から「スープボウル」、「ボウル」

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    裏面。低めの高台がついているので安定感がありつつも、手で持ちやすいデザインです。左から「スープボウル」、「ボウル」

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    横から見たところ。側面はぽってりと膨らみ、縁はきゅっとすぼまり、広がっています。左から「スープボウル」、「ボウル」

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    裏面の中心には、ロゴマークの「王」の字が刻まれています

  • 材質
  • 磁器
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • スープボウル:約φ125×H55mm
    ボウル:約φ155×70mm
  • 重量
  • スープボウル:約235g
    ボウル:約405g
  • 容量
  • スープボウル:約400ml(満水)/約320ml(8分目)
    ボウル:約900ml(満水)/約720ml(8分目)
    ※容量の計測方法について
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:〇 オーブン:× 食器洗浄機:〇
「オウジヤマ/OJIYAMA」について

オウジヤマ/OJIYAMA ロゴ

兵庫県で焼き物と言えば、日本六古窯に数えられる丹波焼が有名ですが、
江戸時代末期、土ものの丹波焼に対し、
当時の篠山藩主が城下町である王地山の地に築いた藩窯が王地山焼です。
青磁・染つけ・赤絵などの中国風のものが多く、
繊細かつ高度な技術をもってつくられていたといいます。
明治2年(1869年)、廃藩置県を目前にして廃窯の運命となったものの、
100年以上の時を経て、1988年に復興されました。

神戸にあるデザイン事務所の「トランクデザイン」とタッグを組んで生まれた
王地山焼のブランド「オウジヤマ/OJIYAMA」は、
王地山焼の伝統である緑色の青磁釉、鎬(しのぎ)の技法などを
今の生活に馴染むかたちで提案します。
磁器独特の軽さ、薄さを兼ね備えた器たちはテーブルを彩る新たなスタンダードになってくれそうです。

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    釉薬が薄くなっていたりなど、ムラがある場合があります

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    釉薬や土の成分が斑点のように表面に見られることがあります

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    縁の部分に、釉薬のムラが見られる場合があります

  • スープボウル・ボウル (オウジヤマ/OJIYAMA)

    黒点が見られる場合があります

  • その他のご注意
    >> 底部分に、わずかながたつきが見られることがあります。
    >> 一つ一つ手仕事でつくられているため、サイズや重量、色味には個体差があり、画像と異なる場合があります。
    >> 取扱説明書やブランド紹介などは同梱されておりません。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。