平皿・プレート > 花彫皿 (ジコン/JICON)
JICON・磁今 > 花彫皿 (ジコン/JICON)
磁器 > 花彫皿 (ジコン/JICON)

花彫皿 (ジコン/JICON)

小皿:900円(税抜)〜
中皿:2,400円(税抜)〜
 


  • 美しい彫りを生かした、余白のある盛りつけがなんとも素敵。
    「中皿 錆茶」を使用

  • 食材に合わせて器の色を選べば、より美味しそうに。
    手前から「浅葱鼠」、「菜花黄」。どちらも「小皿」を使用

  • 「中皿 渕錆」は1人分のおかずにちょうどいい大きさです

  • 「小皿」はお茶菓子にもぴったりなサイズです。「渕錆」を使用

  • 見とれてしまうほど美しい花の彫りです。
    左から「小皿」、「中皿」。どちらも「渕錆」を使用

  • 左上から時計回りに「菜花黄(なばなき)」、「錆茶(さびちゃ)」、
    「浅葱鼠(あさぎねず)」、「渕錆」の全4色

  • 上から「小皿」、「中皿」の2サイズ

  • 同じ花の彫り文様を施した「花彫浅鉢」もあります

 

日本的でありながら、中国やベトナムなどの美しい磁器をも連想させる、
どこかオリエンタルな趣の「花彫皿」。
溶け込みそうなほどはかなげな花の彫り紋様は、
平安時代、現在の福岡に築かれたという
外交のための迎賓館、「鴻臚館(こうろかん)」跡から出土した、
花文柄の器の彫りを映したそうです。
見とれるほどに美しく、料理を盛る手が止まってしまいそうな器。

飾っておくのもいいでしょう。
けれど、これは現代の暮らしに寄り添う
生活用品のデザイナー・大治将典さんと、
有田焼の窯元「今村製陶」による2012年に設立した磁器ブランド「ジコン/JICON」の作。
毎日の食卓に自然に馴染むよう考えられています。
それを象徴するのはその大きさ。
「中皿」は、いわゆる「プレート」というには少し小さめな直径20センチ弱。
1人分のおかずにちょうどいい大きさです。
実際のところ、あまり大きいお皿では日本の食卓やシンクに不便です。
テーブルがいっぱいになってしまうし、洗うのも大変。
だからこのくらいが使いやすいのです。
「小皿」は副菜からしょうゆ皿、お菓子など
なにかと使い勝手のいい手のひらサイズになっています。

全4色の釉薬は、どれも料理の色味との相性を考えてつくられています。
あたたかみのある白のお皿の縁に茶色の釉薬が施された「渕錆」は、
やわらかい雰囲気を引き締めます。
「菜花黄(なばなき)」は食卓のアクセントに。
青菜や大根の白などを優しく引き立ててくれそうな「浅葱鼠(あさぎねず)」。
シックにまとめたいときには「錆茶(さびちゃ)」を。
「渕錆」以外の色釉3色は、
はっきりとわからず、曖昧で仄かな様子を表す「幽さ(かそけさ)」をキーワードにつくられ、
何度も試作を繰り返して生まれた自信作。
それぞれ2色の釉薬を薄く何層にも重ねることで
それぞれ単色の色ではなく、ムラがあり光の加減で異なる色に見えるのです。
時間や光の印象でさまざまな表情を見せてくれるので、
使うごとに新たな一面を知ることができそうです。
そして、どれも生成りの「白」をベースにつくられているから、
材料に含まれる鉄分から生じる斑点など、同じような質感や素材感が現れています。
だからどの色を組み合わせてもしっくり馴染むのです。

ごはんとお味噌汁があって、おかずや副菜がある、
ごくごく普通の日本の食卓の風景。
「花彫皿」はそこに色とりどりの花を添えてくれるはずです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 上から見たところ。左から「中皿」、「小皿」。ともに「渕錆」を使用

  • 裏側には高台とブランドのロゴマークがあるシンプルなつくりです。左から「中皿」、「小皿」。ともに「渕錆」を使用

  • 横から見たところ。やや高めの高台だということがわかります。上から「小皿」、「中皿」。ともに「渕錆」を使用

  • 「菜花黄」は、「白」をベースに黄色とコバルトを薄く何層にも重ねて独特な緑色のムラのある色合いを表現しています

  • 「浅葱鼠」は、緑色とコバルトの顔料を少量加えることで独特のムラを出しています。「白」のように材料に含まれる鉄分から生じる斑点などが比較的わかりやすい色です

  • 「錆茶」には、茶色とベンガラという赤味を帯びた茶色を使用しています

  • 器の裏側にはロゴマークが

  • 材質
  • 磁器
  • サイズ
  • 小皿:約φ93×H15mm
    中皿:約φ182×H30mm
  • 重量
  • 小皿:約70g
    中皿:約330g
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:○ オーブン:× 食器洗浄機:○
ジコン/JICONについて
 

jicnロゴ

かつて平戸藩の御用窯だったという、
創業350年の有田焼の窯元、陶悦窯「今村家」。
その長い歴史と伝統を誇る窯元が、
生活用品のデザイナーである大治将典さんを迎え、
2012年、新たに立ち上げたブランドが「ジコン/JICON」です。
その名は、窯元である陶悦窯「“今”村家」のつくる「“磁”器」であること、
そして、仏教用語の「爾今(じこん)」……
「今を生きる」という意味に重ねて名づけられました。
製品の生い立ちを大切にしながらも、
今の暮らしの中に自然と馴染むものづくりにこだわる大治さんと、
確かな技術を持ちながら、時代に合わせてしなやかに変化を続ける窯元が生み出す、
暮らしを美しく彩る器のブランドです。

 
大治将典(おおじまさのり)さんについて
 

手工業デザイナーの大治将典さん。
さまざまな産地に赴き、その産地が培ってきた技術、素材を活かしたデザインを施し、
メーカーと家族のようにブランドを一緒に育てています。
まずはつくり手との会話、そしてつくってきたものをしっかりと知ること。
そのコミュニケーションが生産者の方々との信頼に繋がり、デザインにフィードバックされています。
これまで手がけたブランドは、有田焼の「ジコン/JICON」、真鍮ブランド「フタガミ/FUTAGAMI」、木製テーブルウェア「高橋工芸」など多数。

 

JICIN・磁今の工房を訪ねて
  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    サイズ

    選択
    小皿 渕錆/900円
    小皿 菜花黄/990円
    小皿 浅葱鼠/990円
    小皿 錆茶/990円
    中皿  渕錆/2,400円
    中皿  菜花黄/2,700円
    中皿  浅葱鼠/2,700円
    中皿  錆茶/2,700円
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • ポイント: 19ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 器の表面のところどころに褐色の点(磁土や釉薬に含まれる鉄分)が見られます

  • 器の表面のところどころに褐色の点(磁土や釉薬に含まれる鉄分)が見られます

  • 器の表面のところどころに褐色の点(磁土や釉薬に含まれる鉄分)が見られます

  • 釉薬のムラや凹凸、気泡が見られます

  • 釉薬のムラや凹凸、気泡が見られます

  • 型に素地を流し込む工程において、表面に皺のような線が発生することがあります

  • その他のご注意
  • >> ジコンの「白」は、青白く焼き上がる一般的な有田焼の磁器の色とは異なり、生成りに近いやわらかい白です。お使いのモニターなどにより写真の色味が異なって見える場合がありますのでご了承ください。
    >> 底部分にわずかながたつきが見られることがあります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。
ご利用ガイド