暮らしの読みもの | cotogoto コトゴト

暮らしの読みもの

  • 2021年5月20日更新

    父の日特集2021

    私たちの暮らしが大きく変化して、もう1年。お父さんの暮らしも、これまでとは勝手が違って戸惑っていることも多いかもしれません。今まで感じることのなかったストレスを抱えてしまっているはず。そんなお父さんへ、毎日を楽しく、心地よくしてくれるアイテムをご紹介します。6月20日(日)の父の日に、日頃の感謝を伝えましょう。

  • 2021年4月12日更新

    母の日特集2021 暮らしの中に笑顔を届ける母の日の贈り物

    今年の母の日は、5月9日(日)。母の日は改めて感謝の気持ちを伝える絶好の機会です。お母さんが気に入りそうなギフトと一緒に言葉をかければ、気持ちもより伝わるはず。今回は、お母さんの気分も明るくなって思わず笑顔がこぼれる暮らしの道具をご紹介します!

  • 2021年4月2日更新

    植物と暮らす、基本のき

    植物の姿を眺めていると、なんだか気持ちが落ち着いたり、リフレッシュできるもの。暮らしの中に上手に植物を取り入れて、家で過ごす時間をさらに心地よく快適に。造園家とフローリストの夫婦2人で営む「北中植物商店」に、気軽にはじめられる植物の楽しみ方とコツを、「観葉植物編」、「コンテナハーブ編」、「切り花編」、「ドライボタニカル編」の4回に分けて教わります。

  • 2021年3月8日更新

    はじめての手前味噌

    日本の食卓に欠かせない調味料の一つ「味噌」。 おうち時間が増えた今だからこそ、手づくり味噌に挑戦してみませんか。同じレシピでつくっていても、気温、室温など家庭の環境で味が変わってくるところが味噌づくりの醍醐味です。今回は基本の味噌のつくり方を、発酵のスペシャリストである料理研究家・舘野真知子さんに教わりました。

  • 2020年12月8日更新

    おうちで楽しむ年末年始の過ごし方

    気がつけば12月。年末の慌ただしさを感じるようになりました。この年末年始は、おうちで過ごす時間が長くなるはず。だからこそ快適に、華やかなひと時になるよう、今年の年末年始におすすめの商品をピックアップいたしました!2021年を明るく、清々しく迎えましょう。

  • 2020年11月2日更新

    家事問屋 2020年 新商品お披露目会

    使い手目線で「ありきたり、なのに使いやすい」暮らしに役立つ道具を手がける、新潟県・燕三条生まれの「家事問屋」。今年も使い手の声から生まれた渾身の新作が届きました。「家事問屋2020年新商品お披露目会」と題して、11月6日(金)11:00~24日(火)18:00まで全15アイテムをご紹介いたします。期間中はcotogoto実店舗でも新商品を展示販売いたします。お近くの方はぜひお手にとってご覧ください。

  • 2020年10月26日更新

    すすむ屋茶店に教えてもらう 美味しい日本茶の淹れ方

    普段何気なく口にしている日本茶を茶葉から淹れることで、より深く楽しめたら素敵ですよね。とはいえ、きちんと淹れるとなると難しそうなイメージがありますが、そんなことはありません。基本の淹れ方を覚えれば、美味しく淹れられます。今回は「すすむ屋茶店」の代表・新原光太郎さんに教えてもらいました。

  • 2020年5月14日更新

    ぬか漬け入門

    米ぬかに水と塩を混ぜて発酵させたぬか床に、野菜などを漬けてつくる「ぬか漬け」。少量で失敗しにくいぬか床づくりから、ぬか漬けの楽しみ方まで、発酵のエキスパートである料理研究家・舘野真知子さんに教わりました。今こそぬか漬け、はじめてみませんか?

  • 2020年2月1日更新

    みそしるぼうやセレクト!選りすぐりの郷土みそ5選

    実店舗で開催の「meets MISO ―郷土みそと手前みそ―」に合わせて、オンラインショップでも選りすぐりの郷土味噌を数量限定で販売します。味噌のセレクトは「みそしるぼうや」こと村瀬峻史さん。味噌は、米味噌に豆味噌、麦味噌など麹の種類や、材料の比率、塩分濃度、そして風土などによって、地域ごとに千差万別。その違いを感じられる五つの味噌を選んでもらいました。

  • 2019年12月4日更新

    年末年始の家しごと手帖

    2019年も残り一ヵ月を切り、もう年の瀬。大掃除やおせちの準備、鏡餅や注連縄の飾りつけなど、年末年始にすることはたくさん。何から手をつけていいか迷ってしまう人へ、するべき準備と、必要な道具をご紹介します。新元号・令和になってはじめて迎える新年を、快適に清々しく過ごせるようにしたいですね。

  • 2019年11月21日更新

    cotogoto×free design限定販売 プシプシーナ珈琲オリジナルアイテム

    香川県高松市のコーヒーロースター「プシプシーナ珈琲」。自家焙煎コーヒーの美味しさも然ることながらマスコットキャラクターである猫、その名も「ねこ部長」が大人気。そこで、「ねこ部長」をあしらった暮らしに役立つアイテムを、日本各地のつくり手につくってもらいました!実店舗で開催の「プシプシーナ珈琲展」にあわせて、数量限定で販売します。

  • 2019年9月23日更新

    甲斐みのりさんも愛用中! おやつ時間を楽しくする、4th-marketの器

    萬古焼の陶磁器ブランド「フォースマーケット/4th-market」は、手仕事のあたたかみのある、やわらかな色合いや佇まいに、多くのファンを持ちます。文筆家の甲斐みのりさんも、そんなフォースマーケットの器に魅了された1人。甲斐さんから見たフォースマーケットの魅力、そして甲斐さんが選ぶ七つのおやつの器セットをご紹介します。

  • 2019年6月3日更新

    梅干しづくり

    初夏、梅しごとの季節がやってきました。 シロップやはちみつ漬け、梅酒や梅干しといろいろありますが、 一度は挑戦してみたいのが梅干しではないでしょうか。 梅1㎏なら、手軽にはじめられます。 料理研究家・久保香菜子さんに教わった塩分濃度10%の梅干しのつくり方をご紹介。

  • 2019年4月23日更新

    家事問屋×cotogoto 「ディッシュスタンド」商品開発記

    cotogotoは2019年4月29日で、開店から7周年を迎えます。これを機に、使い手に寄り添うものづくりを行う「家事問屋」と一緒にずっと欲しかったものをつくりました。それが、食器を立てて収納できる「ディッシュスタンド」です。なぜつくったのか、どんなこだわりが詰まっているのか、そして理想をかたちにしてくれた新潟・燕三条の技術。詳しくご紹介します!

  • 2018年5月7日更新

    今の暮らしに合う荒物のこと

    昔の道具というイメージのある荒物ですが、実は今でもつくり続けられている現在進行形の道具。 長年改良や試行錯誤が重ねられ、耐久性や使い勝手に磨きがかかっているのです。 現代の暮らしに合う荒物やその取り入れ方について、荒物問屋の代表格「松野屋」店主・松野弘さんにお話を伺いました。

  • 2016年5月27日更新

    寄せ植え多肉植物の楽しみ

    多肉植物に特化したアレンジを提案する 「TOKIIRO(ときいろ)」さんに、初心者でもできる多肉植物の寄せ植え方法を教えてもらいました。 あたかも自然に生えてきたかのようないきいきとした佇まいと、見る人をわくわくさせる物語性のあるTOKIIROさんならではのアレンジ。 その秘密をちらりとお見せします。

  • 2016年3月31日更新

    かたち別、お弁当の詰め方教室

    自分のため、家族のためにつくるお弁当。 お弁当の詰め方について、悩んだことがある人は多いのではないでしょうか。 頑張ってつくったお弁当を、より美味しく見せたい。 そのコツを、お弁当箱のかたち別に、フードコーディネーターの中山智恵さんに教えていただきました。

  • 2015年12月10日更新

    コーヒーを美味しく、楽しくするドリップ講座

    おうちでも自分好みのコーヒーを淹れられたら、いいですよね。 とはいえ、コーヒードリップは、なんだか複雑で難しそうなイメージもあります。 静岡のロースター「IFNi Roasting&Co.」さんに、コーヒードリップの基本から教えてもらいました。