白木屋傳兵衛

天保元年(1830年)に銀座で創業。庶民の住居(つまり長屋)にも畳が普及し始めた頃、掃除の道具として、
はじめて畳に合ったほうき「江戸箒」を売り出したのが白木屋中村傳兵衛商店です。
現在では、長柄から手ほうき、ブラシなど大小さまざまなほうきをはじめ、はたきやタワシ、はりみなども製作。
「伝統」や「古きよき日本」に捉われず、今の暮らしの中で理に適った掃除道具として、ほうきの魅力を伝えることにも力を注いでいます。

ご利用ガイド