真工藝

岐阜県は飛騨高山に工房を構える「真工藝 (しんこうげい) 」。
豊富な木材に恵まれたこの地域では、木を使った版画文化も生活の中にあり、
人々にとって身近な存在なのだとか。

その版画の技術を活用して、真工藝が独自に編み出したのが木版手染という手法。
1色ずつ染め上げる一般的な型染めと違い、全ての色を版木に差してから一気に染めつけます。
それも、伸縮性のある布に均一に模様を描くための工夫。
その後は高温で蒸して色止めした布の中に籾殻を詰めて縫い合わせます。
終始手作業で出来上がるぬいぐるみのシリーズは、
籾殻の手触りと重み、そして多色使いでありながら落ち着いた色彩が魅力です。
国籍を問わない民芸品、といった風情。和洋どちらの空間にも、すんなり馴染みます。

ご利用ガイド