バウルー

その昔、ブラジル・サンパウロ州、バウルー村出身の青年が学生寮で使っていたホットサンドイッチメーカー。
美味しくパンが焼けることから、「バウルー」としてブラジル中に広まりました。
ある日本人男性が、ブラジルを旅した際にこの器具に出会い、お土産に持ち帰ったことで日本にも伝わりました。
日本の食パンのサイズに合わせたり、主婦の声を取り入れて、日本版のバウルーを開発。
1970年代の発売以来、ロングセラー商品になっています。
販売元はイタリア商事、製造は新潟県燕市にある、明治時代創業の田巻金属株式会社が担っています。

 

ご利用ガイド