播州刃物

ロゴ

現在の兵庫県南西部「播州」に根付く金物産業は、
刀の鍛造が元々の始まりだと言われています。
その後日用品の刃物としての髭剃りから産業が起こり、
さまざまなデザインの刃物が製造されるようになりました。
約250年たった現在でも、手作業で丁寧に仕上げること、
そして修理も請け負うことは変わりません。
その切れ味、耐久性ともに高い質を誇ることはもちろんですが、 何度もつくり手と使い手の間を行ったり来たりすることで、
刃物は唯一無二の道具として育っていきます。
一生ものの贅沢は、こんな育てるプロセスにあるのだと思います。

ご利用ガイド