ノモ陶器製作所

沖縄の焼き物を代表する壺屋焼の拠点であった読谷村(よみたんそん)にノモ陶器製作所はあります。
同じ読谷村にある「陶芸 城」で修行した後に独立した、野本周さんが1人で切り盛りする自宅兼工房。
独立後も、同じ村に留まったのは、この土地にはやちむんの文化が深く根付いているから。
焼き物に関しては、釉薬の調合から成形、仕上げ、焼成まで、全ての工程を1人でこなすのだそう。
沖縄らしい自由闊達な雰囲気と、野本さん独自の釉薬や絵付けによって出来上がる世界観は、たくさんの器好きから愛されています。

ご利用ガイド