フライパンカバー (家事問屋)


  • 外寸の直径20~26cmのフライパンに対応するガラス蓋つきの蓋。これ一つで複数のフライパンや鍋で使えるから、洗い物も少なく、収納もすっきり整います。外寸直径20cmの「鉄フライパン 20cm(la base/ラ バーゼ)」と合わせて使用

  • ガラス窓がついているので、かぶせたまま中の食材の状態を確認できるのもうれしいポイント

  • ハンドル部分が支えとなり、自立します。調理中の置き場所に困ることもありません

  • 外寸の直径20cm、22cm、24cm、26cmのフライパンのサイズごとに、ぴったり合うよう溝が施されています

  • ガラス窓には衝撃に強く、耐久性のある全面物理強化ガラスが使われています。またクリアで中の様子がわかりやすくなっています

  • 持ち手であり、自立するための支えにもなるハンドル部分。本体からハンドルまでしっかり距離があるため、火にかけていても熱くなりにくくなっています

  • 本体とハンドルは錆びにくく、汚れを落としやすい18-8ステンレス製です

 

使い手のニーズにとことん応えるうちに
痒いところが痒くなる前に解決してくれる存在となった「家事問屋」。
その「フライパンカバー」は、ハンドルがついた円形のステンレス製の蓋。
ですが、フライパンをカバーするだけでは終わらない、頼りになる道具なのです。

これ一つで外寸の直径20~26cmのフライパンや鍋に対応してくれます。
本体には水紋を描くように溝が広がります。
直径20~26cmまで2cm間隔で溝が施されていることで、
外寸の直径20cm、22cm、24cm、26cmのフライパンや鍋にかぶせると、
ぴったり収まり隙間ができません。
中心には透明の強化ガラスがはめ込まれていて、
覗き窓のようにして、ハンバーグや餃子の焼き加減を確認できて便利。
焼き加減を見る度に蓋を外したり、置いたり……。
なんていう手間もなくなります。
そして取っ手の変わったかたちの理由は、自立できるように。
蓋として使わないときは、スッとコンロ脇に立てておけば、
次の出番を静かに待ってくれます。

食洗機では洗えないので、使い終わったら
洗剤とスポンジで、まるごと洗いあげて下さい。
使うフライパンや鍋に合わせて、いくつも蓋を出す必要がなくなって、
洗い物の量もぐっと減って家事の時短にも。

例えば、ちょっとだけ蓋をして炒め野菜を蒸らしたいとき。
鍋の中の水温を速く上げたいとき。
蓋を取り出す手間、洗い物の手間を考えて
ちょっと躊躇するような瞬間も、日々の家事と格闘する人ならあるはず。
このフライパンカバーがあれば、そんな小さなストレスが霧のように消えていきます。
複数のフライパンや鍋に対応するので、これ一つを持っていれば
スペースを取らずに、収納もすっきり整うのもうれしいところ。
知らずにいた「あったらいいな」がまた一つ実現しました。
今回も、また一本取られた気分です。
 

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 正面から見たところ

  • 裏面を見たところ

  • 自立させた状態で、真横から見たところ。ハンドル側に傾くかたちで自立しているのがわかります

  • 本体部分を倒した状態で、真横から見たところ。本体とハンドルの間隔が広くとられていることで自立の際に安定し、火にかけていても持ち手が熱くなりにくくなっています

  • ワイヤータイプのハンドルは、片手で安定して持ちやすいかたちをしています

cotogotoで扱っているフライパン・鍋と組み合わせてみました

「フライパンカバー」をcotogotoで取り扱っている専用蓋がない
フライパンや鍋と組み合わせてみました。
対応サイズは外寸の直径20~26cmですが、
対応サイズ外のフライパンや鍋だと本当に使えないのかも試しています。
ぜひご購入の際に参考にしてみてください。
 

     
  • 材質
  • 本体、取っ手:18-8ステンレス
    ガラス窓:全面物理強化ガラス
    >> お手入れについてはこちら
  • サイズ
  • 約φ278×H75mm
    ※外寸の直径20~26cmのフライパンや鍋に対応します。
  • サイズ
  • 約390g
  • 備考
  • 食器洗浄機:×
家事問屋について

家事問屋ロゴ

日本の台所を支える道具の多くが、
新潟県燕・三条地域で生産されていることは広く知られています。
大きな産地になればなるほど、生産過程は分業化され、
その細分化された専門過程の職人やメーカーが誕生。
昭和32年に包丁やピーラーといった台所道具の生産を始めた「下村工業」が、
そんな産地のメーカーを束ねる「産地問屋」となったのは40年前のこと。
鉄・アルミ・ステンレスといった素材を使いこなし、台所周りに限らず、
幅広い商品をさまざまな企業やブランドとのコラボレーションを通して生み出してきました。
そんな中で聞こえてくるお客様の声に応えて試行錯誤し、改良を加えることもしばしば。
その蓄積されたノウハウを生かし、2015年に満を持して誕生したのが自社ブランド「家事問屋」です。
積み重ねた経験は老舗ブランドに引けを取りません。
良質な道具があるだけで、日々の生活はこんなにも心地よくなるのだということ。
ぜひ、実感してください。

家事問屋の工場(こうば)を訪ねて
  • フライパンカバー (家事問屋)

価格: 4,400
(税抜価格 4,000 円)

88ポイント進呈

1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

ご購入数量

【配送について】

送料は全国一律600円
お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料
10時までのご注文で即日発送いたします
(入金方法による)

▶詳しくはご利用ガイドへ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 小さな傷、ステンレスを曲げる際についた筋、接合部分に凹凸などが見られる場合があります。製造工程のものですので、ご了承ください

  • 小さな傷、ステンレスを曲げる際についた筋、接合部分に凹凸などが見られる場合があります。製造工程のものですので、ご了承ください

  • 小さな傷、ステンレスを曲げる際についた筋、接合部分に凹凸などが見られる場合があります。製造工程のものですので、ご了承ください

  • その他のご注意
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。
    >> フライパンや鍋の外寸の直径が対応サイズである20~26cm内でも、フライパンカバーに施されている各溝から約1cmサイズが違っている場合は、フライパンや鍋の縁が溝に当たり、隙間ができる場合があります。
    >> 注ぎ口がついているフライパンや鍋の場合、注ぎ口がフライパンカバーの溝に当たり、隙間ができる場合があります。
    >> フライパンや鍋の形状によっては、本体と柄をつなぐ部分にフライパンカバーが当たり、持ち手に近い箇所に隙間が空く場合があります。

    【使用上のご注意】
    >> 本体は熱くなります。持ち手も熱くなる場合がありますのでご注意ください。
    >> 火力に注意し、炎がフライパンの底面からはみ出さないように使用してください。
    >> フライパンや鍋の中心からずらして使用しないでください。また、加熱中、または加熱直後のガスコンロやクッキングヒーターなどの調理機器の上に直に置かないでください。部分的な加熱状態により、ガラスに歪みが生じ、割れの原因となります。
    >> 熱くなった本体に冷水をかけるなど、急激な温度変化を与えないでください。
    >> 金属たわし、研磨剤入りスポンジ、クレンザーなどは使用しないでください。特にガラス部分は表面を傷つけ、割れの原因となりますのでご注意ください。
    >> ステンレス部分に錆が発生した場合、スポンジにクリームクレンザーをつけてこすり落とし、よくすすいでください。

おすすめ商品を見る