その他の暮らしの道具 > 干支のぬいぐるみ (真工藝)
真工藝 > 干支のぬいぐるみ (真工藝)
> 干支のぬいぐるみ (真工藝)

干支のぬいぐるみ (真工藝)

各1,000円(税抜)


  • 新年の干支を飾ると、福を招くといわれています。
    2019年の干支である「亥」は、万病を防ぐといわれ、無病息災の象徴とされています

  • おじいちゃんやおばあちゃん、お孫さんなどそれぞれの干支を団らんの中心に。
    鮮やかな色合いで目に楽しく、話も弾みそうです。上から時計回りに「未」、「酉」、「戌」

  • ふとしたときに目に留まるとなんだか心がなごむかわいらしさ。
    軽くて小さいぬいぐるみなので、デスク回りに飾っていても邪魔になりません。「子」を使用

  • 十二支すべて揃うと、一段と華やか。
    干支それぞれの絵柄の違いを見比べるのも楽しみの一つです

  • 独自に開発した木版手染という手法で染めた布を手縫いし、籾殻を詰めて仕上げています。
    木版ならではのにじみとかすれは一体一体違い、唯一無二の味わいを生み出しています。「戌」を使用

  • どの動物も両手に収まる大きさ。
    木綿に籾殻がふっくらと詰められていて、ころんとかわいらしいかたちをしています

  • 新年のお年賀や、赤ちゃんの干支を選んでちょっとした出産祝いに……などギフトにもおすすめです。
    ラッピングは、透明の袋にリボンをかけてお送りします

 

版画が生活に根づいた岐阜県飛騨高山で、
独自に編み出した木版手染という手法で
彩り豊か、それでいて優しい色合いの
ぬいぐるみを製作している「真工藝 (しんこうげい) 」。

人気のぬいぐるみシリーズに、
お正月はもちろん、1年中飾っていたくなる
かわいらしい干支の動物12種類が加わりました。

2019年の干支「亥(いのしし)」は、黄緑で明るい色合い。
鼻がツンっと元気に上向きなのが特徴的です。
「子(ね)」は、飛騨の赤カブを抱えた白鼠で表現。
子に一番を取られてしまった「丑(うし)」は、
赤・黄・紫と鮮やかな草花が咲きほこる牧場で、
のんびり座り込んでいるイメージ。
竹藪からちょうど顔を覗かせた「寅(とら)」。
困ったような、怒ったような表情です。
「卯(う)」は、卯にちなんだ野草の
兎菊(うさぎぎく)やななかまど、岩梨などが描かれています。
空想の動物「辰(たつ)」は、
日本三大美祭の一つ「高山祭りの屋台(龍神台)」の木彫をヒントにしたのだとか。
ヘビ、だけど、怖くない「巳(み)」。
蛇苺(へびいちご)の草むらで遊んでいるのでしょうか。
「午(うま)」は、江戸初期に名を馳せた彫刻師である左甚五郎の
「稲食馬(高山市の水無神社に祭られている黒い馬の象)」を参考にデザインされています。
「未(ひつじ)」は、ひときわカラフル。
「申(さる)」は、お揃いの赤い顔で親子が描かれて、
子ザルが抱っこされているのが見えます。
まるで昇る朝日のようなオレンジ色の「酉(とり)」。
目が覚めるような色合いです。
「戌(いぬ)」は、飼い主を待っているような表情。
思わずお家に連れて帰りたくなってしまいます。

どれも、籾殻がぱんぱんに詰まって、手に持って心地よく、
見た目にもほっこり癒されてしまう顔ぶれ。
干支に関係なく、手元に置きたくなること必須です。
誰かの干支にちなんで、プチギフトにもおすすめです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「子」を前と後ろから見たところ。後ろ姿からも瑞々しいカブの葉っぱと実が見えて、今にも「チュウ」と鳴きそうな表情です。白い尻尾もついています。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「丑」を横と上から見たところ。角も耳もきちんとあって、耳の内側が赤いのもポイントです。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「寅」を横と上から見たところ。黄色の地に黒の筋が入った背中と同様の模様のついた尻尾も、ピンっと背中についています。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「卯」を横と上から見たところ。長い耳と目が赤く、のんびりした姿がかわいい野兎です。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「辰」を横と上から見たところ。角に鱗もしっかり模様になっています。紫雲に乗っていて、貫禄も十分。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「巳」を前と後ろから見たところ。後ろには、子ども巳が隠れています。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「午」を横と上から見たところ。緑色の、たわわに実った稲穂が前面に描かれています。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「未」を横と上から見たところ。色とりどりの花園でうっとりした表情をしています。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「申」を前と後ろから見たところ。後ろには、山ぶどうの実と蔦、そして真っ赤なお尻も。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「酉」を横と上から見たところ。田んぼで稲や穀物を食べている地鶏をイメージしてつくられています。立派なトサカと尾から察するに、雄鶏かもしれません。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「戌」を横と上から見たところ。垂れ耳が愛嬌のあり、赤い実のなる犬たでと赤い花のチャンチャンコを羽織っています。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    「亥」を横と上から見たところ。爽やかな緑の笹を踏み分けて猪突猛進する様子が描かれていて、疾走感があります。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    一つ一つ手作業でつくられているので、大きさや絵柄のかすれなど個体差があります。一期一会をお楽しみください。

  • 干支のぬいぐるみ (真工藝)

    底面に「真工藝」と書かれたシールが貼られています。

  • 材質
  • 綿、籾殻
  • サイズ
  • 子:約W55×D55×H100mm(尾を含まず)
    丑:約W140×D55×H70mm
    寅:約W130×D55×H60mm(尾を含む)
    卯:約W105×D60×H65mm
    辰:約W100×D55×H70mm
    巳:約W95×D70×H50mm
    午:約W110×D50×H120mm
    未:約W115×D55×H70mm
    申:約W70×D50×H90mm
    酉:約W110×D55×H90mm(尾を含む)
    戌:約W105×D45×H60mm
    亥:約W120×D55×H60mm
  • 重量
  • 子:約35g
    丑:約45g
    寅:約45g
    卯:約45g
    辰:約45g
    巳:約40g
    午:約60g
    未:約45g
    申:約35g
    酉:約30g
    戌:約30g
    亥:約40g
  • 備考
  • 洗濯機:× 漂白剤:× 自然乾燥:× タンブラー乾燥:×
    アイロン:× ドライクリーニング:×

※特に個体差が大きい商品ですので、サイズ、重量は目安としてお考えください。

真工藝(しんこうげい)について
 

岐阜県は飛騨高山に工房を構える「真工藝 (しんこうげい) 」。
豊富な木材に恵まれたこの地域では、木を使った版画文化も生活の中にあり、
人々にとって身近な存在なのだとか。

その版画の技術を活用して、真工藝が独自に編み出したのが木版手染という手法。
1色ずつ染め上げる一般的な型染めと違い、全ての色を版木に差してから一気に染めつけます。
それも、伸縮性のある布に均一に模様を描くための工夫。
その後は高温で蒸して色止めした布の中に籾殻を詰めて縫い合わせます。
終始手作業で出来上がるぬいぐるみのシリーズは、
籾殻の手触りと重み、そして多色使いでありながら落ち着いた色彩が魅力です。
国籍を問わない民芸品、といった風情。和洋どちらの空間にも、すんなり馴染みます。

  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    種類

    選択
    子(ね)×売り切れ再入荷
    丑(うし)
    寅(とら)×売り切れ再入荷
    卯(う)×売り切れ再入荷
    辰(たつ)×売り切れ再入荷
    巳(み)
    午(うま)
    未(ひつじ)
    申(さる)
    酉(とり)
    戌(いぬ)×売り切れ再入荷
    亥(いのしし)×売り切れ再入荷
  • 販売価格: 1,000 円(税抜)
    (税込1,080 円)
  • ポイント: 21ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • >> 手染め、手縫いのため、同じ動物でも1点1点すべて異なります。
    >> 色味やサイズにはかなりの個体差があります。ご了承ください。
    >> 裏側など目立たたない箇所に小さな穴がありますが、製品仕様となります。
    >>「午」の尻尾について、使用している素材が異なる場合がございます。ご了承くださいませ。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。  
ご利用ガイド