【お知らせ】消費税率変更について


深皿・ボウル・蕎麦猪口 > 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)
その他の食卓の道具 > 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)
保存容器 > 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)
お弁当 > 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)
磁器 > 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)
木・竹 > 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)
ミヤマ/miyama. > 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

竹重箱:8,000円(税抜)〜
oju(仕切り皿):550円(税抜)〜


  • 竹の集成材を使用した「竹重箱」。「7寸半」は、2段でも3〜4人分と大容量です。
    「3つ仕切り皿」の「白磁」を中に、「天目釉」を外に出して使用

  • 「竹重箱 5寸半」には、「2つ仕切り皿」は二つ入ります。
    食べたいものだけ、ちょこっとお正月気分を味わうカジュアルなおせちにぴったりです。「白磁」を使用

  • ウレタン塗装だから油ものも気兼ねなく、お手入れも簡単。
    軽いので、ピクニックなどにも持っていきたくなる重箱です。「竹重箱 7寸半」を使用

  • 「竹重箱 5寸半」にお菓子を入れて。竹の上品な佇まいは、おもてなしの席にもしっくり馴染みます。

  • 仕切り皿の「oju」は、単体でもいろいろな使い方を楽しめます。
    「2つ仕切り皿 天目釉」を蕎麦の薬味入れとして使用

  • 蓋と身がセットになった「1段重箱(蓋・身)」に、
    別売りの「身」単体や仕切り皿「oju」を組み合わせてお使いください

  • 「竹重箱」は、「5寸半」(左)と「7寸半」(右)の2サイズ展開です。
    「5寸半」には「2つ仕切り皿」が二列、「7寸半」には「3つ仕切り皿」が三列収まります

 

「そうそう、こんな重箱だったら、使いやすいのに!」
思わずそんな声が聞こえてきそうです。
竹の集成材の重箱。
たっぷり入る「7寸半」とコンパクトな「5寸半」の2サイズ展開です。
おせちだけでなく、懐紙を敷いて菓子皿のように使っても素敵。
竹なので軽く、ウレタン仕上げで気軽に扱えるので、
ピクニックや花見のお供にも。
蓋と本体がセットのものと、本体のみと選べるので、
1段からはじめて、段を増やすことも可能です。

いたってシンプルな、正方形のお重なのですが、
仕切り皿「oju(おじゅう)」を加えた途端、一気に使い勝手が広がります。
サイズは2種類。
「7寸半」の重箱に3列入る大きさの「3つ仕切り皿」。
「5寸半」に2列収まる「2つ仕切り皿」。
どちらも食材を引き立てる、「白磁」と「天目釉」の2色展開です。
真四角で仕切りのない重箱は、
バランスよく盛りつけるのが意外と難しいもの。
お正月も三が日を過ぎると、おせちの品数も少なくなって、なおさらです。
この仕切り皿を使えば、盛りつけの悩みも一気に解決してくれるはず。
食べ終わったところから、取り外して洗えるのも、簡単でうれしいのです。
少し深めなので、前菜の盛り合わせや、
おつまみに調味料など、普段の食卓でも重宝します。

「竹重箱」に「oju」の組み合わせ。
これさえあれば、少し自信のなかったおせちの盛りつけや、
おもてなしの料理も、知らぬうちに底上げされているはずです。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    「竹重箱」は、竹の集成材だからこその、真っ直ぐで清々しい竹目が特徴です。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    「竹重箱」のサイズは2種類。左が「5寸半」で右が「7寸半」。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    「竹重箱」は、サイズが違っても高さは同じです。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    「竹重箱」の「身」の底には、重ねた時にズレないようかませがあります。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    蓋の裏側にもかませがあり、身と合わせたときにズレにくくなっています。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    竹の集成材を直角に組み合わせた、シンプルな箱型です。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    豆鉢が連なったようなかたちの仕切り皿「oju」。上が「2つ仕切り皿」で、下が「3つ仕切り皿」。「白磁」を使用。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    「oju」の底の裏側は、無釉になっています。手前が「2つ仕切り皿 天目釉」で、奥が「3つ仕切り皿 白磁」。

  • 竹重箱・仕切り皿 (ミヤマ/miyama.)

    「oju」は、側面の下の方にロゴが記されています。

  • 材質
  • 竹重箱:竹、oju:磁器
  • サイズ
  • 1段重箱(蓋・身) 5寸半:
    約W160×D160×H60mm/身1段の内寸:約W150×D150×H50mm
    身 5寸半:約W160×D160×H55mm
    1段重箱(蓋・身) 7寸半:
    約W230×D230×H60mm/身1段の内寸:約W220×D220×H50mm
    身 7寸半:約W230×D230×H55mm
    2つ仕切り皿:約W140×D65×H35mm
    3つ仕切り皿:約W215×D65×H35mm
  • 容量
  • 身 5寸半:約1100ml(満水)/約880ml(8分目)
    身 7寸半:約2370ml(満水)/約1896ml(8分目)
    2つ仕切り皿:約140ml(満水)/約112ml(8分目)
    3つ仕切り皿:約210ml(満水)/約168ml(8分目)
    ※容量の計測方法について
  • 重量
  • 1段重箱(蓋・身) 5寸半:約355g
    身 5寸半:約240g
    1段重箱(蓋・身) 7寸半:約655g
    身 7寸半:約430g
    2つ仕切り皿:約165g
    3つ仕切り皿:約245g
  • 備考
  • 竹重箱:直火:× IH:× 電子レンジ:× オーブン:× 食器洗浄機:×
    仕切り皿:直火:× IH:× 電子レンジ:○ オーブン:× 食器洗浄機:○
ミヤマ/miyama.について
 

ミヤマ/miyamaロゴ

プロダクトデザイナー小野里奈さんとのコラボレーション「瑞々」「tudoi」
の製作でも知られる「ミヤマ/miyama.」。
美濃焼の生産地のひとつ、岐阜県瑞浪市を拠点としています。
20世紀後半はアメリカ、ヨーロッパ、そして国内の洋食器ブランドの
下請け工場として、上質な白磁を製造していた同社は、型を使用した量産向けの成形技法を得意分野としています。
ただ一口に型と言っても、白磁土を石膏型に流し込み、
その石膏が泥の水分を吸収することで成形するこの技法は、
繊細な人の手と綿密に積み重ねられた知識があってこそ成立するもの。
自身の強みを生かしながら、地域の産業を伝るプロダクトを、これからもつくり続けてくれます。

  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    種類

    選択
    1段重箱(蓋・身) 5寸半/11,000円
    身 5寸半/8,000円
    1段重箱(蓋・身) 7寸半/13,500円
    身 7寸半/10,000円
    2つ仕切り皿 白磁/550円
    3つ仕切り皿 白磁/750円
    2つ仕切り皿 天目釉/550円
    3つ仕切り皿 天目釉/750円
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • ポイント: 172ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • >> 「竹重箱」は、天然の竹を使用しているため、竹目の表情など、1点1点すべて異なります。また、節や凹み、小さな欠けなどが見られることがあります。製品仕様となりますのでご了承ください。
    >> 「竹重箱」は、天然の竹を生かしたつくりのため、仕上がりのサイズ・色・形など、多少の誤差が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。
    >> 竹は素材の性質上、繊維のささくれが出ることがあり、指などを傷つけることがありますので、「竹重箱」をご使用時にはご注意ください。
    >> 「oju」は、裏側に型に素地を流し込んだときにできる丸い跡があります。製品仕様となります。
    >> 「oju」の底には「欠け」のように見える部分が見られることがありますが、制作過程で土が乾く前に小さな土のかたまりの上に置いてしまったことなどによりできる「凹み」です。製品仕様となりますのでご了承ください。また、小さな土のかたまりがついたまま焼成されてしまったものもありますが、使用上問題はありませんので、ご了承ください。
    >> 底やふた部分に、わずかながたつきが見られることがあります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【使用上のご注意】
    >> はじめてお使いの際は、水かぬるま湯で洗ってからご使用ください。
    >> 「竹重箱」は、直射日光を長い時間当てると変形・変色のおそれがあります。
    >> 竹の繊維は水分を吸収しやすくカビの発生などの原因になりますので、「竹重箱」は通気性のいい場所で保管してください。
    >> 「竹重箱」、「oju」ともに、たわしやクレンザーなどでこすると傷がつきます。やわらかい布かスポンジを用い、水または液体洗剤で洗ってから水分をよくふきとってください。
     
ご利用ガイド