深皿・ボウル・蕎麦猪口 > ピエル ボウル (4th-market)
4th-market > ピエル ボウル (4th-market)
半磁器・せっ器 > ピエル ボウル (4th-market)

ピエル ボウル (4th-market)

M:各2,000円(税抜) L:各3,300円(税抜)


 

4th-marketは、三重県四日市市の地場産業、「萬古焼(ばんこやき)」の2005年生まれのブランド。
ピエル ボウルは、萬古焼が得意とする、土と石を混ぜた素地を使った「半磁器」のものです。
陶器のようなあたたかみがありながら、磁器の薄さと硬さをあわせ持つ、使い勝手のいい大小サイズが揃いました。

甘えたくなる
少し大きめのボウルです

Lのボウルは、はじめて見たとき、
すこし大きく感じました。
Mのボウルも、何を入れようかと
一瞬悩ませる深さのある器。
ところが実際には、
両手を広げるように上へと伸びたそのシルエットが
どんな料理でもどんとこい、
そう言ってくれているかのように
何を盛ってもさまになるのです。
だから、つい、その器の大きさに甘えて、
なんでも盛ってしまいます。
ときには作りすぎたおかずを入れて冷蔵庫へ。
ときには花器の代わりにだって、なることも。
ちなみに、
ピエルシリーズのボウルに
高台(器の底についている足の部分)は
ありません。
それまで、器に高台があってもなくても
さして意識したことはありませんでしたが、
このボウルは、ないのがいいと思えるのです。
手のひらで包んだときには、
底の丸みの手触りが心地いいし、
テーブルを傷つけることもない、
でこぼこがないから洗うときも楽。
なにより、
揺らぐことなく、どっしりと構えていてくれる。
やはり、器が大きいって魅力的です。

ピエル ボウル (4th-market)サブPH1

ピエル ボウル (4th-market)サブPH2

高台がないので、スタッキングしても高さが出ません。MとLを重ねればこんなにすっきり。食器棚の中までも優秀なボウルです。

4th-marketについて
 

4th-marketロゴ

三重県四日市市の地場産業であり、日本の伝統工芸のひとつ「萬古焼(ばんこやき)」の4つの窯元が2005年に立ち上げたブランド。萬古焼の長い歴史と技術に裏付けをもちながら、今、そしてこれからの暮らしにあわせ、「気取りすぎず、可愛すぎず、シンプルなだけでもないモノ」づくりをしています。

バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像と詳細画像をご覧いただけます。

 
  • 材質
  • 半磁器
  • サイズ
  • M:Φ130×H70mm L:Φ215×H80mm
  • 備考
  • 直火:× IH:× 電子レンジ:○ オーブン:○ 食器洗浄機:○
  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • >> 釉薬のにじみ、ムラ、濃淡などが見られることがあります。また、表面に黒や赤などの小さな斑点や、細かな気泡のようなものが見られることがあります。
    >> 天然の素材を使い、ひとつひとつ手仕事でつくられているため、凹凸や、サイズに多少の違いがあります。また、底部分に、わずかながたつきが見られることがあります。
    >> 素地に若干の吸水性があるため、外気の水分を素地が吸込み、ごく微量な膨張と収縮を繰り返します。通常の環境では滅多に起こりませんが、ご使用の状況によっては器の表面に、貫入(表面の釉薬に入るひび)が入る場合があります。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また、当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

※こちらの商品は、長らく生産中止となっていましたが2019年5月より再開しました。
また再開に当たり、価格を改定致しました。

  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    カラー x サイズ

    M/2,000円L/3,300円
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • ポイント: 43ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • かごに入れる
ご利用ガイド