鍋・フライパン > 於福鍋(東屋)
東屋 > 於福鍋(東屋)

於福鍋 (東屋)

七寸:各10,000円(税抜)
八寸:各14,000円(税抜)
九寸:各19,000円(税抜)


 

耐火度の高い三重県伊賀の土と釉薬を使い、伊賀焼の伝統工芸士が手がけた東屋の土鍋。
ひとつひとつ、ろくろで挽かれたその佇まいは、食卓にぬくもりを添えてくれます。
家族の数や用途に合わせてお選びいただける、石灰釉と黒の鉄釉の2色、各3サイズが揃いました。

これは、直火にかけられる
年中無休の定番食器です

土鍋は冬のもの。そう思っていませんか?
もちろん、寒い季節に食卓のお鍋を
皆でつつくのは、冬の風物詩ですが、
暑い季節になったら、土鍋は戸棚に仕舞いっぱなし、
それではもったいないのです。
とくにこの於福鍋はそう思います。
かつて、琵琶湖の底だったという三重県伊賀。
この土鍋は、その地層から採れる陶土を、
ほとんど精製せずに、粗いまま作陶するそうです。
粗い土は、型での成形ができません。
「おかげで、指先の指紋がなくなっちゃったよ」
そう笑いながらも、黙々とろくろを挽く
伊賀焼の伝統工芸士の手によって、
ひとつひとつ、ろくろでかたちづくられています。
そして、土と同じ伊賀の釉薬をかけたこの土鍋は、
耐火度が高いことに加え、細かな気泡のある素地により、
土鍋自体が熱を蓄え、食材の芯まで火を通すため、
料理のうまみを逃がしません。
お鍋もごはんも煮物も、何をつくっても
普通の鍋でつくった料理とは違い、
素材の味がしみじみと体に染みわたるのです。
極めてシンプルなようでいて、ところどころに
人の手の跡を感じさせるかたち。
石灰と黒飴の、白でも黒でもない絶妙な色合い。
使うほどに愛着は増すばかりです。
どうぞ、戸棚には仕舞わずに、年中食卓に登場する、
直火にかけられる、定番「食器」とお思いください。

 

伊賀土鍋(東屋)サブPH1

伊賀土鍋(東屋)サブPH2

限界まで薄くつくられているため、見た目よりずっと軽量です。家族や用途に合わせて選べる2色・3サイズ。九寸は4〜5人用、八寸は3〜4人用、七寸は1〜2人用。

東屋について
 

東屋ロゴ

日本の素材を扱う、熟練の日本の職人とともに、「使い手」の立場に立った暮らしの道具をつくり出し、発信し続けている東屋。一切の妥協を許さない、東屋ブランドの道具たちは「大事に使えば、千年だってもつ道具」なのです。

伊賀土鍋の工房を訪ねて
バリエーション&商品詳細

クリックで拡大画像と詳細画像をご覧いただけます。

 
  • 材質
  • 耐熱陶器
  • サイズ

  • 九寸(4〜5人用):約Φ270×H170mm
    八寸(3〜4人用):約Φ240×H150mm
    七寸(1〜2人用):約Φ210×H130mm
    ※ すべて取っ手含まず。
    ※ 高さはフタをした状態のものになります。
    ※ 手作りのため、個体差があります。ご了承ください。
     
  • 重量

  • 九寸:約3.6kg
    八寸:約3.1kg
    七寸:約1.3kg
    ※手作りのため、個体差があります。ご了承ください。
     
  • 備考
  • 直火:○ オーブン:× 電子レンジ:× IH:× 食器洗浄機:×
  • ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    サイズ x カラー

    石灰黒飴
    七寸/10,000円×売り切れ再入荷×売り切れ再入荷
    八寸/14,000円×売り切れ再入荷×売り切れ再入荷
    九寸/19,000円×売り切れ再入荷×売り切れ再入荷
  • 販売価格: 円(税抜)
    (税込 円)
  • ポイント: 216ポイント進呈
  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料

    ※「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

  • ご購入数量 :

  • 売り切れ

  • ご購入の前に知っておいていただきたいこと

    クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • ご購入前の注意
  • >> 天然の素材を使い、ひとつひとつ手仕事でつくられているため、凹凸や、サイズ、かたちに多少の違いがあります。また、底やふた部分に、わずかながたつきが見られることがあります。
    >> 貫入(表面の釉薬に入るひび)や、釉薬のにじみ、ムラ、濃淡などが見られます。
    >> 取っ手のつなぎ目に、一部溝のあるものもございます。
    >> メーカーの品質基準をクリアしたもののみ販売しております。また当店でもさらに検品を行った後に、お客様にお届けしております。

    【ご使用の前に】
    粗い土を使用しており、目止めをしないと水が染み出て沸騰しませんので、 ご使用前に必ず「目止め」を行ってください。
    1.土鍋の裏底に水気がないことを確認します。
    2.土鍋に8分目まで水を入れ水量の5分の1以上の焚いたご飯を入れてください。
    3.吹きこぼれないよう弱火でゆっくりと炊き込み、お粥ができたら火を止め、鍋が十分に冷めてから(1時間以上)お粥を取り除いて土鍋を水洗いしてください。でんぷん質が土鍋の細かい貫入(表面の細かなヒビ)を埋め水漏れを防ぎます。
    ※表面の細かなヒビは伊賀粗土の性質上のもので、使用上差し支えありません。
    ※目止めを行っても、水が染み出たり、煮えが悪い場合にはくりかえし目止めを行ってください。

    【ご使用上の注意】
    ・電熱及び電磁調理器(IHなど)には対応しておりません。
    ・天ぷらなどの揚げ物には使用できません。空焚きは絶対にしないでください。割れる恐れがあります。
    ・土鍋の外側、特に底部に水分を含んだまま火にかけないでください。急激な温度差によりひび割れします。
    ・水を入れてから火にかけてください。空焚きすると割れる恐れがあります。また、熱い土鍋を急に冷たい所に置いたり水に浸けたりすると、割れる恐れがあります。
    ・業務用ハイカロリーガス器具での調理は中火にてご使用ください。
    ・ご使用後は、土鍋に残った煮汁は早めに別の容器に移し、中性洗剤で洗い、風通しの良いところで十分に乾かしてください。乾燥が不十分ですとカビの原因となります。
ご利用ガイド